GNU Talerのビットコインやブロックチェーンとの関係性は?

GNU Talerはブロックチェーン技術を必要としないばかりか、プルーフオブワークやその他の取引検証方式も使用しません。ブラインド署名方式をとっています。しかしながら、理論上はGNU Talerをビットコインのようなピアツーピアの仮想通貨と統合することが可能です。

しかしながら、ビットコイン建てのコインをGNU Talerウォレットに引き出すことは可能で(適正な為替を通した場合)、この場合、ビットコインの取引で即確認が取れるといった便利な機能が利用できます。

ウォレットの残高はどこに保存されていますか?

デジタルコインはウォレット内にあるので残高は詰まるところコンピュータ内に保存されていることになります。取引所はエスクローアカウントにある、利用されていない全てのコインに相当する資金を備えています。

ウォレットをなくした場合はどうなりますか?

ウォレット内にあるデジタルコインは持ち主が特定できないため、ウォレットの紛失や盗難に関して、取引所はサポートすることができません。そのため、現金を入れている実際の財布と同じく、責任をもって安全に保管しておく必要があります。

バックアップを取っておくことや残高を低めにしておくことで、ウォレットの紛失リスクを軽減することができるでしょう。

コンピューターがハッキングされた場合はどうなりますか?

ハッカーがあなたのデバイスに侵入した場合、ウォレットからコインを使うことができます。残高を確認することでデバイスに侵入されたことがわかります。

GNU Talerで友人に送金できますか?

ご友人があなたの支払いの対価として商品やサービスを提供する場合、GNU Talerマーチャントを簡単に設定することでそのご友人の銀行口座で支払いを受け取ることができるようになります。

GNU Talerウォレットの将来的な形として、友人間で直にコインを交換することができるようになるでしょう。

GNU Talerは異なる通貨での支払いをどのように処理しますか?

GNUTalerウォレットはユーロ、米ドル、ビットコインといった複数の異なる通貨に対応するデジタルコインを持っています。

GNU Talerは通貨間の変換には対応していません。

Talerはどのように私のプライバシーを保護しますか?

ウォレットには取引所がブラインド署名したデジタルコインがあります。ブラインド署名方式を使うことでプライバシーが保護され、取引所は署名したコインのどれがどの顧客のものかはわからない仕組みになっています。

どのくらいの費用がかかりますか?

GNU Talerは各取引所に対してその取引所独自の料金体系を設定することを可能にしており、オペレーターはコインの引き出し、お預かり、再読み込み、返金に関して手数料を設定できる仕組みになっています。加えて、準備金の締めやマーチャントへの電子送金の手数料もチャージできます。マーチャント側が顧客側の手数料の一部を負担することもあり得ます。実際の取引コストはおよそ0.001セント/取引だと思われます(高取引レートで、数十億の取引を償却した場合で、移送コストは除く)。これは早期段階での見積もりのため、詳細は監督当局による運用やバックアップに関する規則に因ります。取引コストが十倍となっていることも容易に起こり得ます。

Talerは国際決済可能ですか?

GNU Talerウォレットは複数の通貨に対応していますが、現在のところ通貨間の変換にはシステムが対応していません。しかし、原則としては、ある通貨で預かり違う通貨で引き出すことができます。しかし、このケースに関しては監督当局のハードルが特に複雑な傾向です。GNU Talerとしては日々の支払いに注力しており、当面は通貨間の変換には対応しない予定です。

GNU Talerは(欧州)電子マネー指令にどのように対応していますか?

欧州電子マネー指令はユーロ建てコインを取り扱うGNU Taler取引所が則るべき規制枠組みの一部を規定していると思われます。

GNUコインと通常の銀行口座にある資金間の変換を銀行はどうやって保証しているのでしょうか?

取引所は銀行あるいは銀行の協力のもとにオペレーションを行っており、銀行は資金をエスクローの形で保有しています。この場合、同銀行とは通常の銀行もしくは電子通貨を主として取り扱う中央銀行となります。それでも、顧客がGNU Talerコインから通常の銀行資金へ変換する場合、その理由を確認することが各銀行の規定となっています。

変換が行われないときや不履行の場合の問い合わせ先はどこですか?

各取引所は一つ以上の独立した監査団体により監査を受ける必要があります。マーチャントと顧客のウォレットは自動的に監査側に問題を報告することになりますが、監査側は手動による問題報告の提出方法を示してもよいです。監査側は同報告書をそれぞれの監督当局もしくは公衆の閲覧に供することになっています。

すでにTalerを使用しているプロジェクトはありますか?

試験的に取り組んでいたりプロトタイプを開発している企業が数社あるほか、中央銀行も含め通常の銀行数社と検討している段階です。そのため、現時点では商品が世に出ているわけではなく、プロジェクトの状況を加味すると未だ時期尚早だと言えるでしょう(未決課題リストに関してはバグ管理システム も併せて参照ください)。

GNU Talerは自動引き落としに対応していますか?

今現在では自動引き落としには対応していません。一定の金額が定期的に支払われる自動引き落としによる支払いは理論的にはGNU Talerで可能ですが、幾つか注意が必要です。具体的に言うと、自動引き落としが可能なのはGNUウォレットが希望する時間にオンラインで有効となっている時のみとなります。さらに言うと、繰り返し行われるという性質を加味するとリンク可能となり、それにより自動引き落としを設定している利用者を特定するのに使われることも起こりえます。例えば、利用者を支払い時間に強制的にオフラインにすることでその時間に引き落としが実施されない事態が起こり、結局、GNU Talerウォレットが運用されず、決済が行われなかったことで、利用者としては自動引き落としのために十分な残高を保有しておく必要がでてきます。それでも、使いやすさの点では将来的には自動引き落としにも対応できるようになると思われます。しかし、これは現時点でGNU Taler1.0が目指しているところではありません。